2005年05月01日

そもそも「回転いす」とは何ぞや? という人

・日経新聞 企業欄の左下に、「回転いす」という記事があります。
この記事は小さく読みやすいながら、その会社業界の未来を推測するツールのようなものであると言えます。

 というのも、この「回転いす」には大企業の経営者やさまざまな業界の重鎮が登場し、毎回その思考の欠片をのぞき見ることができるからです。

・予想が外れても商売が成り立つのは、天気予報や怪しげな評論家だけ。

・未来の展望、マーケットの予測、経営判断を誤ることで、下手すれば会社を潰しかねない経営者。
 だからこそ、[回転いす]に登場する経営者の言葉は、非常にリアルに感じられるのだと、僕は思います。


executive_brain at 11:58│TrackBack(0)【経営会議室】について 

トラックバックURL