2005年05月01日

『次世代型』の脳を構築しよう。

・次世代に必要な思考とは、一言で言えば「自己責任」と言えるのではないでしょうか。
 反対に「旧世代型」とは、「他人依存」と言えると思います。

・いまの時勢は、「旧世代」から「次世代」への移行期間中なのだと思います。
例えば、「Livedoor」と「フジサンケイグループ」のM&Aによる衝突も、この「旧世代」と「次世代」のせめぎ合いの様にも見えました。

・今後を生活していくうえで「旧世代型」の思考でも、まあ、確かに困らないかもしれません。欲さえ出さなければ。
しかし、自らで思考し、考え、実行していく事のできる「次世代」の脳力を持った人とは、格段の差がつけられることは必至ではないでしょうか。


・日経新聞だけじゃなく、新聞の一面というのは、読んで当然です。
 読まないことで差を付けられる事はあっても、読むことで差をつけて抜きん出ることは難しいと思いませんか。だって、大きなニュースは皆の目に留まりますからね。

・他人と差をつけるためには、目にする人が少ない記事から情報を取り活かす思考を構築するべきだと、僕は考えます。

「次世代型」脳力を構築するために、日々のわずかな時間でも、自らが成長するために使ってみましょう。

・次世代を生き抜くための脳力を鍛えるツールとして、このBLOGでは主に、経営者のコメントが掲載されている、日経記事の「回転いす」という記事を使います。
この記事を用いれば、今の日本を牽引している企業の社長から、大事なことが学べると思います。



executive_brain at 12:00│TrackBack(0)【経営会議室】について 

トラックバックURL