2005年05月18日

《中国の動向》 三村明夫氏 新日本製鐵社長

■本日の社長■

三村明夫氏
新日本製鉄社長



■社長からの議題■

「中国の動向」


■<社長>たちへの提案事項■

中国は今後、あらゆる材料やエネルギーを消費しながら、成長していくだろう。
人民元の切り上げが、あなたのビジネスにどう関わってくるか考えてみよう。

もしかすると、そこにビジネスチャンスだってあるかもしれない。



■提案事項にいたるまでの議事録■

アメリカの貿易赤字も手伝って、いずれは人民元の切り上げが行われる。
つまり、人民元の価値が上がるわけだ。

米商務省によると、今年1〜2月の中国に対する貿易赤字が前年の同時期に比べ、47,4%上回ったとのこと。その原因となるのが、繊維や衣料品などの輸入急増が原因らしい。

対中の貿易赤字を解消するためにも、アメリカは人民元の切り上げを中国に対して迫らなければならない。

「切り上げられるから、人民元を買っておこう」
…と考えていた人にはあまり良い話でなはいが、三村氏は切り上げについて「小幅にとどまる」と見ている。

人民元の切り上げは、新日本製鐵のように中国と取引をしている企業にとっては特に大きな問題だ。
日本の輸出入産業に、大きな影響を及ぼす。

今後、中国でビジネスを展開しようと考えているなら、この人民元の動きには注視しておこう。



■対中国のセーフガード…

今月13日、アメリカが緊急輸入制限(セーフガード)の発動を決めた。
市場を攪乱(かくらん)しているとし、中国製の繊維製品3品目が対象となる。

さらに18日、シャツなど4品目を対象に緊急輸入制限(セーフガード)を発動すると発表。米国への輸入量が前年に比べ、約2〜4倍増えていることから、「米国市場を脅かしている」と商務省が認定した。

…繊維は強いね、中国。


■ちなみに…

中国の為替は、固定ではなく変動してます。
ただし、中央銀行である中国人民銀行がドル買い介入をし、「8.27元」程度を維持している。

つまり変動しているが管理しているので、「管理変動相場制」と呼ばれているのです。

中国が人民元を切り上げる問題と、「管理変動相場制」は別の問題と思われるため、仮に人民元が切り上げれれても、一定の為替で固定されてしまうのだろう。
…と思う。


■会社概要■

[5401]新日本製鐵社長

・設立
 1950年04月01日

・資本金
 419,524,000,000円

・従業員数
 連結 44879人
 単独 15132人

・事業内容
 粗鋼生産世界2位。首位の欧アルセロールや韓国ポスコと親密。住金、神戸鋼と資本提携    

・ホームページURL
http://www.nsc.co.jp/

・株価チャート
http://chart.finance.livedoor.com/index?stock_id=5401


■原文掲載(日本経済新聞より)■

・記事掲載日
[2005.05.18(水)]

・表題
[人民元切り上げ小幅]

・本文
▽…中国の人民元切り上げについて「あったとしても小幅にとどまるというのが常識的な見方」と冷静に受け止めている。中国では輸出入の大幅な増大が経済成長を支えており、「最大の目標である成長維持を損なう政策は絶対にやらない」とみるからだ。

▽…資源確保に向け中国政府があらゆる手を打っているのも成長維持への危機感の表れという。鉄鋼業界も資源問題に頭を痛めているだけに「この問題が短期的でないことを正確に伝えるのも我々の重要な責務」と政府や顧客に資金逼迫(ひっぱく)の実情を訴えていく姿勢を強調していた。


executive_brain at 00:00│TrackBack(0)「回転いす」の経営者たち 

トラックバックURL